婦人

大きな音が鳴る玉砂利を敷き詰めておけば安心

防犯対策は足元から

砂利

防犯に効果のある『防犯砂利』の入手方法、大まかな価格、付随する材料まで記載しています。砂利を敷く前の準備から下処理、実際の施工までを紹介しています。DIYの経験がない人でも施工できるよう、ポイントを簡潔に挙げてあります。

家や庭の雰囲気づくりに

玉砂利

大きな音のでる防犯砂利は、適切な色や大きさを選ぶことで家の外観や庭の雰囲気を高めることもできます。防犯砂利を選ぶときは、でる音の大きさにも注意して敷き詰める場所をイメージしながら購入するといいでしょう。

セキュリティーを高める

模型

音で侵入者を撃退する

家族の安全や財産を守るためには、自宅のセキュリティー対策が必要です。侵入者が自宅に近づくと、電気がつくように設定している家庭も多いでしょう。急に光がついて明るくなると、泥棒などは侵入しにくくなるのです。また光だけでなく、玉砂利を使うことによって、さらにセキュリティーを高めることができます。庭や窓の下に玉砂利を敷くことによって、じゃりじゃりと音がし、侵入者の接近を感知することができます。夜の静かな時間帯であれば、玉砂利の音が響き渡るため、侵入しにくくなるのです。しかし玉砂利は、どのようなものが良いのかわからない人も多いでしょう。セキュリティーのために玉砂利を決める時に重要視したいのが、踏むとどれぐらいの音がするのか、ということです。玉砂利によっては、70から80dbもの大きな音がでます。生活音は大体50dbだと言われているので、どれだけ大きな音かわかるでしょう。それだけ大きな音がでれば、侵入者も逃げ出してしまいます。そして、価格でしょう。敷地の広い家であれば、必要な部分全てに玉砂利を引くと、相当な費用がかかってしまいます。リーズナブルな価格の玉砂利も沢山あるため、予算に合わせて選んでみましょう。そしてもう一つ重要視したいのが、見た目の問題です。玉砂利はとても沢山の種類があり、色や形、また和風や洋風などの種類もあります。自宅にあった種類を選択すれば、エクステリアとしての機能も、果たすことができるのです。

草は全面的に刈り取る

庭

防犯砂利は不審者対策にもってこいいわれています。庭全体が理想ですが、無理なら侵入が懸念される場所に撒きましょう。撒く場合、ある程度の厚さでなければ効果を発揮しないため、必要な量を余裕をもって購入し、利用してください。